プラスチック整形された容器は安全性があるものを|日本人のチカラ

砥石を使う

お知らせ

パイプは様々ところで使われているものです。建築の現場では金属製や鉄製、銅製のパイプを使って建物を建設していきます。そこでは、設計にあったパイプを建物に当てはめていって作っていきます。そのため、使用するパイプ管はそのものにあった寸法であることが条件となっていきますが、中には加工しないと出せない寸法のパイプがあります。そこで、有効手的な技術がホーニング加工です。ホーニング加工とは、パイプの内径や外形を大量の油を流しながら、複数の砥石のついた工具を使って回転と上下運動することで、研磨していく工法のことです。また、ホーニング加工をすることによって、加工した面に砥石による複合運動による細かな網状の筋ができて、内径寸法を胃底していた公差内にいれることが可能になるのです。そのために、真円度と粗さの具合を向上させることができて、理想のパイプの加工ができるようになるのです。

会社によっては定められた寸法でパイプを必要とするところがあるでしょう。そんな時には、鋼管加工会社に作業を依頼することをおすすめします。鋼管加工ではメジャーとなっているホーニング加工ですが、鋼管加工会社ではホーニング加工の他にも様々な原料の加工が可能です。旋盤やマシニング加工といった加工技術も備わっていますので、ホーニング加工を依頼する時でも、技術面では安心できます。そして、パイプ管の加工が必要になったら、鋼管加工会社に加工を依頼すると良いですが、加工会社は数多くありますかあら、加工内容や費用を比較して選びましょう。